nlp協会で神経言語プログラミングを習得【充実した人生にする】

確実に身に付けたいなら

大学生

合格率が格段に上がる

社会福祉士とは、高齢者など日常生活を送るのが困難な人やその家族を対象に福祉に関する相談にのり、アドバイスや指導を行います。高齢化社会に直面している現在では、社会福祉の専門家として注目されています。社会福祉士になるためには国家資格が必要ですが、福祉系の学校で学ばなければなりません。近年では各地に福祉系の学校があり、新潟県内にも新潟市などに社会福祉士になるための専門学校や大学が設立されています。特に大学では4年間かけて社会福祉士になるための勉強を行います。初年次では社会福祉とは何かや、社会福祉の理念や歴史など、社会福祉について幅広い視点から学んでいきます。またそれと同時に社会人として必要な一般教養についても学んでいきます。年次が上がるにつれてより専門的なことを学んでいきます。社会福祉に関する価値や援助技術などより踏み込んだ内容を学習して知識を深くしていきます。また実際の福祉現場に足を運び実習を行います。実習を行うことで実践的な知識も身につけることができます。更に年次が上がればゼミ学習も行います。ゼミでは研究課題が与えられて、それについて事例研究やフィールドワークを行います。研究した成果を卒業研究としてまとめ上げることで、問題意識を常に持ちそれを解決する能力を身につけます。このように大学では総合的な学習を行いますが、国家試験対策も行っているので問題ありません。新潟県でも社会福祉士になるための環境は整っているので安心です。そのため、多くの人が新潟県にある専門学や大学へ進学を希望しています。しかし、新潟県には数多くの専門学校や大学があるため、通う際には自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。専門学校や大学などでは時期によってオープンキャンパスや体験入学などを行なっています。参加することで学校の様子や雰囲気などを把握することができるため、積極的に参加しましょう。